【NEWS】特殊浴場経営会社が破産へ 負債4500万円、コロナで経営悪化に拍車

帝国データバンク水戸支店は16日、特殊浴場経営業者の地中海クラブ(水戸市天王町)が水戸地裁から破産手続き開始決定を受けたと発表した。負債は約4500万円。

「地中海クラブ」の店舗名で風俗を運営していたが、業界の多様化で客足が落ち込むようになり、今年3月ごろからは新型コロナウイルス感染拡大による影響が加わり経営悪化に拍車が掛かった。県内での新型コロナ関連倒産は7社目。

記事を読む

茨城新聞

 

 

おすすめの記事